up128_128MT4のチャートの基本操作「カスタム・インディケーターのインストール」について解説します。

カスタム・インディケーターとは

カスタム・インディケーターとは

標準搭載されているインディケーターではなく

  • 自分で開発したインディケーター
  • 他の投資家が開発したインディケーター

を指します。

「Custom Indicators」の略で、カスタマイズしたインディケーターのことです。自分の好きなように改造したインディケーターと言っていいでしょう。

そもそも、MT4は

  • インディケーターやEAを自分で開発できる
  • 他人が開発したものが簡単にインストールして使える

ことが世界中で一番普及しているトレードプラットフォームになった理由です。

カスタム・インディケーターを使いこなせなければ、MT4を使いこなすことはできないのです。今回は「カスタム・インディケーターのインストール」について解説します。

カスタム・インディケーターをインストールする

FOREX TSDなどでカスタム・インディケーターを入手します。拡張子は「.mq4」「.ex4」となっているはずです。

今回は「test_ema-crossover_signal.mq4」というファイルをインストールしてみます。

mt4_chart_indecator_install_1

FOREX TSDの使い方

MT4を開きます。メニューバーから「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックします。

mt4_chart_indecator_install_4

下記のようなパソコン内のフォルダが開きます。

mt4_chart_indecator_install_5

「MQL4」をクリックします。

mt4_chart_indecator_install_6

「Indicators」をクリックします。

mt4_chart_indecator_install_7

すでにインストールされているインディケーターファイル「.mq4」「.ex4」がずらっと並んでいます。

ここにインストールしたいカスタム・インディケーター「test_ema-crossover_signal.mq4」をドラッグ・アンド・ドロップします。

mt4_chart_indecator_install_9

MT4を一旦閉じて、また開きます。

MT4のナビゲーターウィンドウの「インディケーター」の中に追加したカスタム・インディケーター「test_ema-crossover_signal」が表示されています。

mt4_chart_indecator_install_10

まとめ

MT4ではじめにつまずくのが、このカスタム・インディケーターのインストールだという方も少なくありません。

というのも、パソコンによって、MT4のバージョンによって、インストールされる場所が異なり、「どのフォルダにカスタム・インディケーターを入れれば良いのか?」探すのが難しかったからです。

しかし、今では「ファイル」→「データフォルダを開く」を選択すれば、一発でインストールフォルダのある場所が示されるので、迷うことは以前よりは少なくなっています。

カスタム・インディケーターを活用することはMT4を活用するために必要不可欠なものですので、この方法は早く自分のものにしましょう。