doctor3_2_128_128

MT4のトレード注文「IFD注文(イフダン注文)の発注方法」について解説します。

IFD注文(イフダン注文)とは

IFD注文は、if(もしも~だったら)、done(実行する)という意味を持つ発注方法で、イフダン注文とも呼ばれている発注方法ですが、「新規注文」と「決済注文」をセットで同時に発注すること

を言います。

例えば

  • 現在100円で、99円まで下がったら買い、その後102円まで上がったら売り(利益確定)
  • 現在100円で、99円まで下がったら買い、その後98円まで下がったら売り(損失限定)
  • 現在100円で、101円まで上がったら売り、その後99円まで下がったら買い(利益確定)
  • 現在100円で、101円まで上がったら売り、その後102円まで上がったら買い(損失限定)

というようにはじめの注文でポジション解消時の決済注文まで実行する発注方法がIFD注文(イフダン注文)です。

IFD注文(イフダン注文)の組み合わせとしては

  1. 新規注文「指値」+決済注文「指値」
  2. 新規注文「指値」+決済注文「逆指値」
  3. 新規注文「逆指値」+決済注文「指値」
  4. 新規注文「逆指値」+決済注文「逆指値」

の4パターンがあります。

一番よくつかわれるのは

新規注文「指値」+決済注文「逆指値」

あるレートに達したらポジションを持つ、そのときに損切りのためにストップ注文もセットしておく

という発注方法で活用されることが多くなっています。副業などでFXをする方など、常にパソコンの前に張り付いていられない方の場合にこの手法が用いられます。

IFD注文(イフダン注文)の弱点

一つの注文につき、セットできるのは一つの決済注文のみ

という点です。

新規注文「指値」+決済注文「指値+逆指値」という発注はできないということです。

  • 利益確定狙いでIFD注文(イフダン注文)を発注した場合には、損切りは主導でやらなけばなりません。
  • 損失限定狙いでIFD注文(イフダン注文)を発注した場合には、利益確定は主導でやらなけばなりません。

IFD注文(イフダン注文)の発注方法

「注文発注画面」を開きます。

mt4_trade_shinkihattyu_10

通貨ペアを選択します。

気配値で表示している通貨ペアが選択肢に出てくるので、この中にない通貨ペアで取引をしたい場合は、気配値に希望の通貨ペアを表示させる必要があります。

mt4_trade_nariyuki_4

数量を決定します。

数量は「1lot=10万通貨」「0.01lot=1000通貨」です。日本国内のFX業者の「1枚=1万通貨」とは違うことに注意が必要です。

mt4_trade_nariyuki_5

「成行注文」 → 「指値または逆指値注文」に注文方法を切り替えます。

mt4_trade_sashine_8

すると下の画面も切り替わります。

mt4_trade_sashine_7

「決済逆指値」or「決済指値」と「注文種別」と「価格」を設定します。

下記の場合は、現在101.201円ですが、99.500円になったら「買い」で99.000円になったら「売り」で損失を限定する発注方法です。

mt4_trade_ifd_1

注文が確定するとターミナルウィンドウに表示されます。

mt4_trade_ifd_2

99.500円の「buy limit」(買い指値)で、「決済逆指値」99.000円となっているのがわかります。

まとめ

IFD注文(イフダン注文)では、常にパソコンの前にいられない人が想定したシナリオ通りにレートが動いた場合に、ポジションを持つことができます。

そのときに「利益確定」「損切り」をすることまで、発注時に決定できる特徴があるのです。

IFD注文(イフダン注文)では「利益確定」+「損切り」を同時に設定することはできないため、初心者の方の場合は「利益確定」よりも「損切り」のために利用すべき発注方法と言えます。