graphline128_128MT4のチャートの基本操作「気配値表示ウィンドウの操作方法」について解説します。

気配値とは

業者が通貨を買う(売る)おおよその価格

を意味します。

MT4気配値表示ウィンドウを見てみると

mt4_chart_kehaiti_4

USDJPY

Bid 106.769 – Ask 106.787

と表示されています。

業者が1ドルを106.769円で買う、1ドルを106.787円で売るということを示しています。

投資家側から見ると

ドルを

106.787円で買える
106.769円で売れる

Ask → 買い
Bid → 売り

です。

業者側と投資家側では「売り」と「買い」が逆転することに注意が必要です。取引相手になるので、業者が売るときに投資家は買うのです。

分からない方は

Ask → 買うときの価格
Bid → 売るときの価格

と覚えておけば良いでしょう。

AskとBidの価格差が利用しているFX業者のスプレッドになるのです。

最新のMT4ではチャートの左上にも、気配値が表示されます。ここではAskとBidではなく、SELL(売り)、BUY(買い)と投資家側の表示になっています。

mt4_chart_kehaiti_5

気配値表示ウィンドウの表示

はじめから左上に気配値ウィンドウが表示されています。

mt4_chart_kehaiti_3

mt4_chart_kehaiti_4

気配値表示ウィンドウの最小化

気配値ウィンドウ上で右クリックし「すべて非表示」を選択すると、メジャー通貨(USD/CHF、GBP/USD、EUR/USD、USD/JPY)のみが表示されます。

mt4_chart_kehaiti_6

mt4_chart_kehaiti_7

表示させたい通貨ペアの表示

気配値ウィンドウ上で右クリックし「通貨ペア」を選択すると、「通貨ペアリスト」が表示されます。「Forex Major(メジャー通貨)」を選択し、AUD/JPYを選択した状態で「表示」「閉じる」を押すと、気配値ウィンドウにAUD/JPYが追加されます。

mt4_chart_kehaiti_8

mt4_chart_kehaiti_10

mt4_chart_kehaiti_11

好きな通貨ペアをさらに追加できます。今回はGBP/JPY、AUD/USD、EUR/JPYを追加しました。

mt4_chart_kehaiti_12

通貨ペアの場所移動

「USD/CHF」が一番上にありますが、それほど使いませんのでドラッグして、自分の使い勝手の良い順番に並べ替えます。これで大分見やすくなったはずです。

mt4_chart_kehaiti_13

気配値表示ウィンドウの保存

気配値ウィンドウ上で右クリックし「セット」を選択して、「名前を付けて保存」を選びます。

mt4_chart_kehaiti_16

「myrule_1」と名前を付けて保存します。これで気配値のカスタマイズ状態が保存されました。

mt4_chart_kehaiti_19

これでどんな状態になっても、配値ウィンドウ上で右クリックし「セット」を選択して「myrule_1」を選べば、さきほどの保存した気配値の状態になります。

mt4_chart_kehaiti_13

まとめ

気配値の設定はチャートを使う第一ステップですから、使いやすい状態にしておきましょう。