spana128_128MT4のEAはプリインストールされているものもありますが、基本的には外部サイトで有料、無料で配布されているファイルを利用するものです。今回は外部ファイルとしてダウンロードしたEAのMT4へのインストール方法を解説します。

EAは外部で入手する

EAの入手方法は

  • EAの配布サイト
  • EAに関する掲示板、フォーラム
  • FXトレーダーのブログ
  • 自分で開発

というような方法で有料、無料で入手するものです。

EAの拡張子は

  • .mq4
  • .ex4

というファイルになっています。

ダウンロードするときのファイル形式はほとんどが.mq4で.mq4であれば、テキストエディタで開いて編集することも可能です。

.mq4をMT4へインストールすると自動的に.mq4ファイルがコンパイルされ、.ex4というファイルが生成されます。

コンパイルというのはMT4などのプログラムが読める形に変換することを意味します。実際にMT4が読みこんでいるのは.ex4というファイルなのです。

.ex4でも、.mq4でも、MT4へインストールする方法は同じです。

入手したEAのMT4へのインストール

.mq4を入手してきます。今回は「3_ma_cross_alert_v3.mq4」というファイルを用意しました。

ea_install_12

メニューウィンドウの「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックします。

ea_install_13

パソコンの中のデータフォルダが開きます。

ea_install_14

「MQL4」→「Expert」と進みます。

ea_install_15

ea_install_16

ここに現在インストールされているEAのファイルがあります。

用意した「3_ma_cross_alert_v3.mq4」をドラッグします。

ea_install_17

MT4を再起動します。

ナビゲーターウィンドウのエキスパートアドバイザのところに「3_ma_cross_alert_v3」が追加されています。

ea_install_18

「Expert」ファイルにもコンパイルされた「3_ma_cross_alert_v3.ex4」が自動的に生成されています。

ea_install_19

まとめ

入手したEAのMT4へのインストールはEAを利用するのであれば、必ず行う必要がある手順です。

インジケーターのインストールとファイルの場所が違うだけで同じですので、簡単にインストールが可能です。