graphline128_128MT4では自分流にカスタマイズしたテンプレートを保存してチャートを作るたびに読みこむことが可能です。今回は一段進めて、MT4でチャートのテンプレートをデフォルト設定にする方法を解説します。

MT4で新規チャートを作ると元に戻ってしまう

使っているチャートを自己流にカスタマイズしても

mt4_template_katsuyo_4

メニューバーの「新規チャート」アイコンで「EUR/JPY」でチャートを新規作成すると

mt4_template_katsuyo_2

とMT4の標準チャートが表示されます。

mt4_template_katsuyo_3

ここで、保存しておいたテンプレートの読み込みを行えば、新規のチャートも使っているチャート表示にすることはできるのですが・・・

mt4_template_katsuyo_8

新規チャート作成

テンプレート読み込み

とひと手間余計な作業が入ってしまいます。

はじめから「新規チャート作成」時にテンプレートが読みこまれている状態にすれば良いのです。

チャートのテンプレートをデフォルト設定にする方法

テンプレートにしたいチャートを選択します。

mt4_template_katsuyo_4

「チャート」→「定型チャート」→「定型として保存」を選択します。

mt4_template_katsuyo_5

テンプレートの名前を「default.tpl」にします。

mt4_template_katsuyo_6

新規チャート作成をします。

mt4_template_katsuyo_2

はじめから「default.tpl」として保存したテンプレートが適用されています。

mt4_template_katsuyo_7

まとめ

MT4を使い慣れてくると、チャートを新規で作成したり、閉じたり、することが少なくありません。違う通貨ペアのチャートが見たり、違う時間足のチャートが見たりするケースです。

一方で、使いこなしていくチャートというのは、1つの自分がトレードがしやすいチャートに収斂されていきます。俺流の必勝パターンチャートというのが出来上がっていくものです。

チャートは1つの定型テンプレートで事足りるのですから、新規作成時にデフォルト設定をしておくと、かなりストレスなく、素早くチャートの作成ができるようになるのです。

無駄な時間は極力排除して、分析やトレードに時間をかけることをおすすめします。