MT4では取引状況を指定レート到達時やシグナル発生時にアラートを出すことができます。アラートというのは音声によるアラームであったり、メール送信であったりします。。今回はMT4のアラート設定とよくある失敗について解説します。

MT4のアラート設定について

MT4のアラートというのは

  • 指定のレートになった時のお知らせ機能
  • 指定の時間になった時のお知らせ機能

と言っていいでしょう。

お知らせの方法は

  • 音声の再生
  • メール送信
  • スマホアプリへのプッシュ通知
  • 動画やTV、エクセルなど他のプログラムの起動

などがあります。

利用することはほぼありませんが

  • 指定のレートになったら、PC上のテレビを立ち上げる

ということも可能なのです。

ここでは基本的なアラート設定の方法について解説します。

MT4のアラート設定方法

1.メニューウィンドウの「ターミナルウィンドウ」を開いた状態にする

2.ターミナルウィンドウの「アラーム設定」タブをクリックする

3.「アラーム設定」の空白部分で右クリックする

4.「作成」を選ぶ

5.「アラーム設定」の詳細情報を入力する

アラーム設定の仕方

アクション指定

指定の条件になったときのアクションを選択します。

Sound:アラーム音を鳴らす
File:ファイルを実行する
Mail:メールを送信する(メール設定が済んでいる必要があります。)
Notification:スマホアプリにプッシュ通信する

MT4のメール設定とよくある失敗

通貨ペア指定

アラートを出す通貨ペアを指定します。

有効期限

アラーム設定の有効期限を決めます。選択しない場合は無期限になります。

条件

アラートを出す条件を設定します。

Bid <:Bidが○○未満になったらアラート
Bid >:Bidが○○を超えたらアラート
Ask <:Askが○○未満になったらアラート
Ask >:Askが○○を超えたらアラート
Time =:○○という時間になったらアラート

隣の価格欄には価格または時刻を入力します。

価格は普通に価格を入力
「Time =」の場合のみ「09:10」と入力します。

ソース

指定したアクション別にファイルや情報を設定します。

Sound:サウンドファイル「wavファイル」
File:exe、mp4などの実行するプログラムファイル
Mail:メールの件名と本文
Notification:入力不要

ソースの右にある「…」をクリックすることでファイル選択やメールの入力などが可能です。

最大反復数

アラートを繰り返す回数を設定します。

間隔設定

アラートを繰り返すときの間隔を設定します。

6.「テスト」をする

7.設定完了

まとめ

MT4のアラート機能は非常に使い勝手の良いものです。他の作業をしているときも、目安の価格になったら、メールやスマホへアラートが届く、もしくはPCからアラームが聞こえれば、その時だけPCの前に行けば十分にトレードが可能だからです。アラート機能を駆使することでPCの前にずっといなければならない状態を回避できます。