MT4では取引状況を指定レート到達時やシグナル発生時にメールで受け取ることができます。今回はMT4のメール設定とよくある失敗について解説します。

MT4のメール設定方法

1.メニューウィンドウの「オプション」を選択する

2.オプションの「Eメール」タブをクリックする

3.「有効にする」をチェック

4.メール送信に必要な情報を入力する

※自分が保有しているメールアドレスのメール送信情報(SMTP情報)を入力します。

例:Yahoo!メールの場合

SMTPサーバー

→ smtp.mail.yahoo.co.jp:587

※後ろの:「587」はポート番号です。MT4の場合はポート番号は「25」なのですが、最近のメールではセキュリティの関係で「587」を採用するところが増えています。取得するメールによって異なるので自分の送信メールサーバーのポート番号を確認しましょう。

SMTPログインID

→ Yahoo!のログインIDで「@」の前です。

SMTPパスワード

→ Yahoo!のログイン時のパスワードです。

発信元

→ 発信元のメールアドレスを入力

送信元

→ 送信元のメールアドレスを入力

5.入力完了後「テスト」ボタンを押す

6.メールが届いているか確認

「This is a test message.」というメールが届きます。

操作履歴も成功の状態になります。

7.届いていない時は「操作履歴」を確認

Mail: ‘Test message’ failed

などメール送信失敗の内容が記載されています。

MT4のメール設定のよくある失敗

失敗その1.ポート番号ミス

MT4の設定画面ではポート番号の設定箇所がないので

smtp.mail.yahoo.co.jp

smtp.mail.yahoo.co.jp:587

とポート番号を入力しなければなりません。MT4のポート番号は25ですので、それ以外の場合はポート番号を設定する必要があります。

接続できない場合には

Mail: error connecting to smtp.mail.yahoo.co.jp

と表示されます。

失敗その2.アカウント情報が違う

ID/PASSが違っていればログインすることができません。

Mail: login to smtp.mail.yahoo.co.jp:587 failed

と「ログインできませんでした。」と表示されます。この場合はID/PASSが間違っています。もう一度確認しましょう。

失敗その3.メールが詰まっている

Mail: ‘Test message’ failed

この状態はクリックしすぎなどでメール送信が詰まってしまっている状態です。再起動してやり直しましょう。

まとめ

MT4のメール機能は非常に使い勝手の良いものです。自動売買などをするのであれば特に重視したい機能と言えます。まずはメール設定をクリアしましょう。