graphline128_128MT4を使う上で、チャート表示をコントロールするインディケーターの活用は欠かせません。その中でも重要なインディケーターの操作方法に「カスタム・インディケーター」というものがあります。今回はMT4のカスタム・インディケーターについて解説します。

カスタム・インディケーターとは

カスタム・インディケーターとは

「Custom Indicators」の略で、カスタマイズしたインディケーターのことです。自分の好きなように改造したインディケーターと言っていいでしょう。

はじめからプリインストールされている標準のインディケーターと違って

  • 自分で開発すること
  • 他のトレーダーが開発したものをインストールすること

ができるのです。

運用成績の良いトレーダーが開発したインディケーターを入手することで、同じレベルのトレードができる可能性があるということになります。

カスタム・インディケーターは自分で開発できる

カスタム・インディケーターは、「MetaQuotes Language Editor」というプログラミングが可能な機能がはじめから搭載されています。

今回はどんな形で開発するのか?を手順のみ簡単に解説します。

メタエディターを開く

mt4_editor_open_4

mt4_editor_open_1

 

メタエディターは、カスタム・インディケーターだけでなく、EAなども開発できるMT4に標準搭載された開発ツールです。

「New」を選択する

mt4_editor_open_2

「Custom Indicator」を選択する

mt4_editor_open_3

開発コードを書く

カスタム・インディケーターは他のトレーダーが開発したものもインストールできる

MT4が優れている点は、他のトレーダーが上記の手順で開発したオリジナルのカスタム・インディケーターをダウンロードしてくれば自分のMT4にインストールして、利用することが可能になります。

欧米では、MT4のユーザーが圧倒的に多い為、自分のブログやウェブサイトで公開したり、SNSで公開したり、ダウンロード用のポータルサイトからダウロードしたり、することができるのです。ほとんど無料でダウンロード可能ですが、有料のものもあります。

他のトレーダーが開発したカスタム・インディケーターを使えば、上記のように自分でコードを書いて開発する必要はない為、プログラミング経験がなくても、数多くのカスタム・インディケーターを使いこなすことができるのです。

まとめ

カスタム・インディケーターはEAと並んで、MT4が世界中で一番普及している最大の要因となっています。

世界中のトレーダーが開発したカスタム・インディケーターが利用できるので、その選択肢は無限大だからです。

これは1社のFX会社が自社開発するチャートの種類では到底太刀打ちができないものなのです。

カスタム・インディケーターを活用して、トレードの勝率を上げましょう。