MT4をインストールして、入手したEAを設定して「さぁ自動売買で稼ごう。」と思ったら・・・いつまで経っても、売買がはじまらない。「あれっ、EAが動いていない。」というケースも少なくありません。今回は「MT4のEAが動かないときに確認すべきチェックポイント」について解説します。

MT4のEAが動かない理由

基本的にMT4はシステムですので、人間側のミスがなければ正常に動くものです。MT4が壊れているということではなく、何かしらのミスをしていると考えるべきです。

  • MT4の設定ミス
  • EAの利用条件と違う状態
  • FX業者側の問題
  • 開設した口座の問題

ぐらいしかありません。その中でもとくに多いものをチェックポイントとして紹介します。

チェックポイントその1.チャート右上のニコニコマークの表示

EAは問題なく起動している場合はチャート右上に「ニコニコマーク」が表示されています。

EA起動中

EA起動停止

です。

「ニコニコマーク」がへの字になっていた場合には

  • EA設定画面の「自動売買を許可する」にチェックが入っていない
  • メニュー「ツール」「オプション」「エキスパートアドバイザ」の「自動売買を許可する」にチェックが入っていない

のどちらかが洩れている状態です。

チェックをすれば解決します。

チェックポイントその2.口座を疑ってみる

  • ログインID
  • パスワード
  • その口座が有効になっているのか?

等を確認します。

小ロットでいいので一度「裁量トレード」で新規注文をしてみると良いでしょう。裁量トレードで売買ができないのであれば、自動売買の問題ではありません。

よくあるケースでは

  • 読み取り用のパスワードでログインしていた。
  • 開設した口座と違うサーバーにログインしていた。
  • 開設した口座は放置していたため凍結状態になっていた。

などがあります。

裁量トレード自体ができないのであれば、EAの問題ではありません。

チェックポイントその3.EAの利用条件を疑ってみる

EAは開発者がかなり自由自在に開発できるものです。

そのため、利用条件を厳格化しているケースもあります。

  • 通貨ペアが指定されている
  • 時間軸が指定されている
  • 指定されたインディケーターが必要
  • EA販売サイトの認証が必要

などです。

例えば、fx-onなどで購入したEAの場合は、転売されないように認証しないと起動しないEAになっています。他にも、指標バスターというインディケーターを入れないと起動しないEAなどもあります。

今一度、EAの販売元でEAの利用条件や利用方法を確認してみましょう。

チェックポイントその4.MT4を疑ってみる

チェックするのはMT4のバージョンです。

MT4だけではありませんが、最新バージョンでなければ動かないEAというのも存在しています。一度、アンインストールして最新のMT4を口座を開設したFX業者のサイトからダウンロードしましょう。

MT4は色々なサイトでダウンロードできますが、FX業者によってカスタマイズされているケースもあるので、まずは利用しているFX業者のサイトからダウンロードすることをおすすめします。

チェックポイントその5.操作履歴のエラーメッセージを見てググる

前述したチェックポイントすべてが問題ないとしたら、珍しいエラーと考えて良いでしょう。

操作履歴を開きます。

右クリックして「開く」をクリックするとデータフォルダが開きます。

適当な日付を選び、開いた上でエラーの理由を探します。

この場合は、investor mode [trades are not allowed] となっていました。

このエラーコードをgoogleで検索し、英語のサイトでも構わず閲覧して、翻訳しながら解決策を探しましょう。

上記の場合は「読み取り専用アカウントでログインしているから、取引できない。」というエラーでした。

まとめ

MT4は世界中で利用されているトレードプラットフォームですから、信頼性が高いシステムです。ただし、カスタマイズの余地が多い為、何かを見落としているとEAが起動しないということも起こりうるのです。丁寧に一つずつ原因をつぶしていきましょう。