iphone128_128MT4ではスマートフォンやタブレットでも利用することができます。もちろんトレードも可能です。今回はMT4をスマホやタブレットで利用する方法を解説します。

MT4はスマホやタブレットでも使える

MT4は

  • iPhoneアプリ
  • Androidアプリ

ともに対応しているので

  • iPhone端末のスマートフォン
  • Android端末のスマートフォン
  • iPhone端末のタブレット
  • Android端末のタブレット

で利用することができます。

今回は、iPhone端末のスマートフォンで実際にインストールしてみます。

MT4をスマホ(iPhone)にインストールしてトレードをする方法

「App Store」に行きます。

mt4_phone_9

「MT4」で検索をすると「MetaTrader4」「MetaTrader5」が見つかります。

mt4_phone_1

「MetaTrader4」をインストールします。

「MetaTrader4」へはPCと同じID/PASSでログイン可能です。

「気配値」の画面になります。

シンプルモード

mt4_phone_2

詳細モード

mt4_phone_3

通貨ペアをクリックすると「トレード」「チャート」「詳細」が選択可能になります。

mt4_phone_5

「チャート」を選択すると「チャート」が表示されます。

mt4_phone_4

「チャート」は上部のメニューアイコンで「時間軸の設定」「クロス線の表示」「インディケーターの表示」「オブジェクトの表示」「トレード」が可能になっています。

インディケーターはプリインストールされているものが選択可能です。

mt4_phone_10

mt4_phone_12

下部メニューの「設定」画面から「チャート」設定を変更することができます。

mt4_phone_11

「トレード」を選択すると「トレード」画面になります。

mt4_phone_6

「BUY」「SELL」「即時実行」などでエントリーすることが可能です。

mt4_phone_7

「詳細」を選択すると通貨ペアの詳細情報が表示されます。

mt4_phone_13

下部メニューの「トレード」をクリックすると保有しているポジションや残高が表示されます。

mt4_phone_7

まとめ

MT4はスマホやタブレットでも利用できます。

高度なテクニカル分析を利用せずに、シンプルなチャートとインディケーターでトレードをするのであればこれで十分とも言えるのです。

ただし、複数のインディケーターを駆使する、ラインや水平線を駆使する、形のテクニカル分析でトレードをする場合には、PCが使えない状況での補完的な利用になるでしょう。

また、今回はiPhoneでの方法を解説しましたが、Androidでも、タブレットでも、ほとんど同じ使い方になります。